なるほど事典 > 料理・生活 > オーブンで焼くステーキ 焼き方とコツ [標準レシピ]
「なるほど事典」は、毎日早朝7時前から新着記事をリリース。通勤・通学のおともに、ぜひブックマークを!
Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加

オーブンで焼くステーキ 焼き方とコツ [標準レシピ]

スポンサーリンク
 ステーキを焼くといえば、フライパンで焼く方が多いと思います。表面はやや焦がし、中はミディアムレアに。と、理想の焼き加減を目指しますが、出来映えは食べるときまでのお楽しみ。

 牛肉は、衛生状態さえ良ければ元来は生食できるわけですから、かまわないのですが、しかし、お皿に赤い血液が流れ出てき、血びたしになるのは、なんか美しくないですね。ファミレスなどでは鉄板で提供されますが、鉄板の黒さのおかげで、流れ出た牛の血液が気にならないというのも理由の一つかも知れません。

 ところで、ステーキといえば暖かいうちに食べなくては……というのもあります。そこで、冷めてもおいしく、血液も流れ出ない、ふわふわでおいしいステーキを焼くには、ずばり、オーブンで焼くことです。

 ローストビーフと同様の作り方となりますが、中がピンク色で血は滴らず、さめたらわさびじょうゆで食べてもおいしい、そんなステーキの焼き方を紹介します。

【オーブンステーキの作り方】

1)厚めのステーキ肉を準備する。

2)肉に以下のものをまぶす(サランラップを広げてやると便利)
・塩
・コショウ
・ガーリックパウダー(あれば)

3)フライパンに油を熱し、強火で、肉の全ての面を1面当たり30秒ぐらいかけて焼きかためる。こうすることで、肉汁を閉じこめます。

4)アルミホイルに、下記のものを適当に切った破片を並べ、その上に3)を乗せます。なお、なければ、何も乗せなくてもかまいません。
・たまねぎ(あれば)
・にんじん(あれば)
・ローズマリー(あれば)

5)250度程度に熱したオーブンに、4)を入れ、8~15分加熱します。

※途中で裏返し、白ワインを少々かけましょう。

スポンサーリンク
は編集部のオススメ記事です。
スポンサーリンク